お仕事 Vol.2

今回は、高校生の時の話。。。

下高井戸の喫茶店、バイトはかなり楽しかった。

制服用の無地のサックスブル-トレ-ナ-を除けば(泣)

日大文理や大きな病院があって、集客も60席位あったかなぁ?とにかく広い店内で、

常時2~3人のシフトで働いてた気がしたなぁ~(笑)


ランチ時には学生で満杯なんてしょっちゅうで、午後は病院の患者、見舞いの人、

近所の買い物帰りの人等でいつも忙しかったんです。

ランチも、お弁当(ご飯、しょうが焼き、ポテトサラダ、一口ナポリタン)

¥600(1984年当時)と、

ピラフ¥500(冷凍のをチンしてバタ-で炒めるだけでも、海老ぞる位、旨かった)

の、2種類だけ。

しかし、ここからが違った。

店長のFさんがいれるコ-ヒ-が目茶目茶旨いのだ。


10台並んだサイフォンでいれて、手際がやたら良いのである。

多分、このコ-ヒ-にやられて来るお客さんが、ほとんどだったと思う。

ブレンド、アメリカン、ブラジル、モカ、マンダリン、キリマンジャロ、

ストロング(アイスコ-ヒ-用)の中から、選べてセットで¥750位だったかな?063.gif

当時のバイト、時給が¥500で今思うとヤしい~!な。

しかし、楽しいので結局2年働いて閉店の為辞める。





バイト最終日に、桜上水の居酒屋でお別れ会みたいな事をしました。068.gif


総勢10人で夕方5時に入って出てきたのが夜中の3時。059.gif

そんで、店中の酒を飲んでしまい


店員に酒が無いので帰って下さいと言われ、

会計がとんでも無い金額になっていた。

手持ちのほとんど無い高校生だった番長は、店長に

【い、いくらですか?】と聞くと、




【そんな心配はしなくていいよ。

 それより君が大人になって後輩が出来たらオゴッテあげなさい。
 
 君が、今嬉しいと思った事を何年か先、後輩にしてあげなさい。
 
 世の中、そういうにまわっているんだよa0078827_194616100.jpg

今日は楽しかったね。さようなら】


桜上水から、明大前まで歩いて帰った。。。

帰り道、なんだか泣けてきた。007.gif

優しかったスタッフもそうだが、

Fさん言葉が頭から離れなく何度もリフレインしていた。
[PR]
# by syo-kunin | 2006-07-05 16:45 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

カルチャ-ショック

はい!飛ばして行きますよ~!!連日の更新、大丈夫か?

番長はもともと東京、世田谷の生まれで近所には色々な店(コンビニ、飲食店、本屋 etc・・・・)等が普通にあり、特に夜飲んで帰る時も下北沢から歩いて帰れる距離でした。

と、ところがぁ!!!こっちに来て驚いたのが、近くにコンビニが無い!!!!!飲食店も無い!!!!!本屋も無い!!!!近所にあるのは大型電気店と大型日用品店と神社のみ。のみ。2回言っちゃう位無いのです。
飲食に至っては、蕎麦屋(雨が降ると休む、多分、出前行きたくないんじゃないか)
中華屋(2件あるが)この3店のみ、という訳で昼飯はつねにへビィ-ロ-テ-ションでここのどこかになるんです。マグロの中おち定食とかしょうが焼き定食とか、普通に食えるもんが無いんです。

最初は仕事の事で目~一杯だったのですが、最近少し気持ちに余裕(ほんの一寸)がある時に
選択出来ない不便さに気がついてしまったのです。
5年も居て何を言ってるんだと思うかも知れませんが、それだけ仕事が大変で気持ちの余裕が無かったのです。

どこかに行くにもバスか電車を利用しないとダメなんです。車社会?カルフォルニアか?
ここは!!!
すいません、取り乱しました。

妻に言うと、だから東京で遊んでたと言う始末。
まぁ、住んでて上記以外には特に問題は無いのですが、やっぱりネオンと雑踏が恋しいなぁ~

部屋が狭くても、都会に住んでいたい今日この頃です。
[PR]
# by syo-kunin | 2006-06-30 16:03 | Trackback | Comments(0)

お仕事

前回はつい暗い話になってしまいすいません・・・・
つぅ~事で、今回は番長の一日を綴りたいと思います。

毎朝5時30分、目覚ましより2秒早く起きてスイッチを切る。
すぐに冷蔵庫より水をだし一気飲み。トイレを済まし、新聞を読み、妻に別れを告げ、原付バイクに飛び乗る。(ゴミの日は必ず出す)

工場に着いたらラジオon!!無論、FM横浜!途中で買った缶Coffeeを飲みながら前日練っていたのスケジュ-ルを見る、前日付けておいた水から利尻昆布を取る(焼き団子は毎朝作るのだ)
団子を焼きながらタレを煮立す前にあげ、からめる。
1Fの店舗に持って行き、冷凍庫の残を調べる(売れてる物を作る為)

マイティ(高速で混ぜる機会)に玉子、上白(砂糖)Etc・・・生どら焼の種完成。
ボイラ-の圧力が上がったら(ちなみに冬でも30度位室温がある。夏は゜40度近いので水分補給は午前だけで2~4リットル絶対必要)
ゴマだ゜れの種仕込み、2つあるあん練機一緒に回し、特アンとつぶし餡を同時に練る。1度にひとつの作業は絶対無いのてす。

この時点で、頭から足の先まで海に飛び込んだみたいにズブ濡れ。

と、同時に上生(茶懐石に出るお菓子)のあん玉を測り、切っていく。右耳は特アンの音。左耳はつぶしアンの音、目はあん玉きりに集中。

Tシャツとパンツはジョ~ビジョ~バ~(メ-テル風)
どうせ着替えても濡れるので無視して作業続行。

やっと昼。近所に食べる所が極端に無いので決った店に行きリンチ。もといランチ。
午後は材料の発注と午前作った仕上げ(包装や梱包)
掃除を一人でして、時間がある時は一旦帰宅してシャワ-。ツユだく、
もとい汗ダクなもんで・・・はい。

5時からシャツとネクタイをして店番。7時閉店。片付け、着替え等して帰宅。
イスに座ってため息をつくと8時、風呂に入って、氷結飲んで、一服すると9時、ウィスキ-をロックで飲んで10時、本を読んで11時、就寝。

って、一日の半分以上、働いてます~!!!!!
[PR]
# by syo-kunin | 2006-06-29 19:18 | Trackback | Comments(0)

御礼

今月の9日夜、妹より電話があり、旦那が危篤だと告げられた。

Mさんは番長と同い年で、まだ38歳だ。子供も7歳と3歳の女の子がいてまだまだ若い。

翌日、仕事を終え妻と病院へ向かった(同じ神奈川なのに片道2時間も掛かる)

病室へ着くと、旦那の兄と弟がベットの横で立ち尽くしていた。

妹の姿が見当たらないので聞くと、丁度入れ違いで家に戻ったらしい。


妹の旦那はチュ-ブが鼻に差し込まれ、昏睡状態で今日が山との事。。。。。。

聞こえないのに思わず声が出た!

【Mさん!Mさん、聞こえるか!!番長だよ!!Mさ~ん!!!】



看護婦さんが下を向きながら足早に病室を出て行った。




翌日の夜、寝ていたら妻に起こされる。

【妹の旦那さん、亡くなったって・・・・・】

通夜が17日で、告別式が18日と妹から告げられた。




それから2~3日して、店番の前にシャワ-を浴びる為帰宅すると、

ドア-に宅配の不在届けが挟まっていた。連絡して荷物を受け取る。

差出人は、妹の旦那、Mさんからだった。

先日、お見舞いと、亡くなった後、自宅に行った御礼かと思った。

中身は、エビスビ-ルの詰め合わせで、妹に速攻電話して言った!

【何考えてんだよ~!! これから色々とお金が掛かるのに、余計な心配するなっ!!】



すると、

【えっ?ビ-ル?・・・・私は知らない・・・・・・】




【えっ!!!!!】

出荷日を見ると、6日の火曜日で、



6日にMさん本人が、デパ-トから出した物だった。



今まで、お菓子を送っても御礼すら言って来なかったのにナゼ・・・・・・・



きっと、自分の最後を解っていたMさんの

最初で最後の御礼だったのかも知れない・・・
[PR]
# by syo-kunin | 2006-06-27 15:36 | 家族 | Trackback | Comments(0)

赤飯番長です

初めまして、!赤飯番長です。

結婚してから1年後にムスメ(妻)の実家を継ぐ事になりました。。。

早い物で5年目になります。

最近は、40数年努めていた職人さんも週1日

しかも午前中のみの出勤になり、ますます仕事が増えた今日この頃です。

普段、作るお菓子や、日常に起きた事、色々な角度から番長が思った事等、

書いて行きたいと思います~!

じゃ、赤飯番長のひとりごとへようこそ!!
[PR]
# by syo-kunin | 2006-06-26 15:54 | 自己紹介 | Trackback | Comments(2)